ばなおかぶろぐ

日々気になったことを記事にしています!

USBポートが足りない時の必須アイテム「USBハブ」のおすすめ

スポンサーリンク

f:id:banaoca:20200918230025j:plain

USBポートが足りない時はUSBハブを買おう!

パソコンには、マウスにキーボードに...テレワーク需要でWEBカメラに...

USBポートがすぐに埋まってしまうということがあると思います。

そんな悩みを解決するのが【USBハブ】です。

他にもUSBケーブルが短くて届かなくてUSBの延長ケーブル代わりのものを探している方にもおすすめです。

USBハブの選び方

①USBの企画

USBには「2.0規格」と「3.0規格」があります。一番見覚えがある白い方が「2.0規格」です。青い方が「3.0規格」です。転送スピードに差があり「2.0規格」は480Mbpsに対して「3.0規格」は5Gbpsと約10倍速度差が出ます。

供給電力も差があり、「2.0」は5V、500mA(2.5W)まで供給が可能です。それに対して「3.0」は5V、900mA(4.5W)です。

対応している機器を持っていれば「3.0規格」が備わったUSBハブが良いですね。

f:id:banaoca:20200918231522j:plain

②USBポート数

 4ポートのハブや10ポート以上のハブもあります。

ポート数によって本体の大きさも変わるため注意。

自分のデスクスペースや、取り付ける機器台数から検討しましょう。

おすすめは、「2.0」「3.0」規格がそれぞれあるUSBハブ。

7個以上あると使い勝手も良いですね。

f:id:banaoca:20200918233932j:plain

③電源タイプ

実はここが一番重要だったりします。

PCにつなぐだけで使えるか、それともUSBハブにもACアダプタが必要かという点です。

PCに繋ぐだけで使用できるUSBハブを「バスパワー」タイプ

ACアダプタが必要なUSBハブを「セルフパワー」タイプ

 え、そんなのバスパワータイプ一択やん!?と思いますが、

消費電力の大きい機器を使用するとバスパワーでは、電力不足で使用できない場合があります。(例:外付けHDD、小型プリンターなど)

f:id:banaoca:20200918234353j:plain

セルフパワータイプは線が多くなるのも欠点ですが、安定した電力が供給可能です。

迷った方は、「バスパワー」「セルフパワー」療法使用できるモデルがおすすめです。

私もこのタイプを使用していますが、マウスやキーボードだけ...の時はACは繋がずにプリンターを使用する時にACアダプタを挿して使っています。